アーカイブ

‘1学年’ カテゴリーの記事

【1年国際科】オンラインフォーラム

2021/08/30

8月26日(木)に国際科1学年の30名は、富山県教育委員会が主催しているオンラインフォーラムに参加しました。講師の富山県南砺市出身・シリコンバレー在住の桝本博之さんが、現地から「シリコンバレーから学ぶマインドセットの重要性」をテーマに講演してくださいました。生徒たちは、1人1台タブレットを用いて、ZOOM機能を活用し参加しました。

講演は、3部構成になっており、1部は自己紹介、2部はシリコンバレーについての講義、3部は「富山県の姉妹都市であるオレゴン州との交流をどのように有効活用するべきか」というテーマをもとに意見を出し合いました。生徒は、他校の生徒と知恵を絞りだしながら真剣に話し合いました。

【生徒からの感想】
・オンラインフォーラム参加し、失敗を恐れずまず挑戦してみること、自分の常識が世界の常識のように思わないこと、この2つを今後意識していきたいと思いました。

・国が遠く離れているだけで、考え方が違って、文化も全く異なっていてとてもびっくりしました。シリコンバレーに行ってみたいし、海外の方ともたくさん交流したいです。

・富山県とオレゴン州が友好提携を結んでいることを今まで知りませんでした。今日、初対面の人たちとオレゴン州との交流を考えるのが面白かったです。


【1年国際科】国際出前講座

2021/07/19

7月14日(水)に国際科1学年の30名は、「異文化理解」の授業の一環で、昨年同様、南砺市国際交流員のエリック・ジュティラ氏をお招きし、「日本とアメリカの文化の違い」について英語で講演をしていただきました。

生徒は日本とアメリカの「学校生活」「家族」「食文化」などについて学び、初めて知る文化の違いに驚きながら熱心に耳を傾けていました。

【生徒からの感想】
・まず驚いたことは、学校への登校手段が日本と違ってバスということで、さらにその理由が「誘拐されるから」ということだ。日本は平和だと改めて感じた。

・今日の話を聞いて、文化というのはとても面白いと思った。アメリカと日本で文化は違うが、どちらが良いというものではなく、それぞれの文化を理解して尊重しあうことが大切だと思った。僕も自分の国の文化を他の国の人に教えることができるように、もっと日本を知りたくなった。

・学校生活について、アメリカは生徒がそれぞれ教室を移動したり、生徒同士の話し合う授業が多かったりと、日本とはかなり違うので実際に見てみたいと思った。また、チップの文化も日本にはないので、実際に体験してみたい。

・今日の講演で、他国の文化の良さを知ることの楽しさを改めて知り、もっといろいろな国の文化を知りたいと思った。また、エリックさんのように異文化の大切さや自分の国の良さを広めることは素敵だと思ったので、私も多くの人に日本のことを発信できるようになりたい。


【1学年】国際出前講座③

2021/03/19

国際科1学年では、3月13日(土)の志学会(土曜講座)にて、国際出前講座を実施しました。今年度最後の実施となった今回は、昭和女子大学国際学科の米倉雪子氏をリモートでお招きし、「国際協力ってどんなことをするの?~現地の人々にとって本当に役立つ国際協力とは~」のテーマの下、講演をしていただきました。

米倉先生はこれまで米国と英国への留学や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際NGOのOxfam、日本国際ボランティアセンターなどで働いた経験を持っておられます。今回はカンボジアでの国際協力活動を事例に「持続可能な発展とは?」について、また先生自身のこれまでの人生についてお話ししていただきました。

国際科として、今後海外との交流が増えていきます。実際に海外で活躍されてきた米倉先生の話は、生徒にとって今後に繋がる貴重なものだったように思います。

 

【生徒からの感想】

・将来国際関係の仕事に就きたいと考えているので、今回の講演会がとても役に立ちました。

・持続可能な社会をつくっていく上で、私たちはもっと世界に視野を広げ、「今、私たちにできることは何があるのか」と考えるきっかけとなった素敵な講演でした。

・貧しい国と日本を比べると、日本は教育面や生活面で充実した設備が整えられているので、普段の生活ができることに感謝したいです。

・これまでにも、国際協力について学ぶ場面がありましたが、実際に現地で活動した方の話は初めてで、自分がこれまで知らなかったことを沢山知ることが出来た良い機会でした。特にどのように活動しているのか、問題を解決するためには何が必要なのか具体的なお話が聞けてよかったです。


【1学年】授業風景(パフォーマンステスト)

2021/03/19

国際科の「総合英語」の授業では、英語の発信力を向上させるために、パフォーマンステストを定期考査に合わせて実施しています。毎回テーマは教科書で学んだ内容から選び、1~2分間英語で発表します。

この度、3月12日(金)に今年度最後となるパフォーマンステストを実施しました。今回は教科書で屋久島を学習したため、テーマは「ツアーガイドとして日本の世界遺産をプレゼン」にしました。

テストの際は発表原稿を見ることができないため、生徒にとっては毎回かなりのエネルギーを要する活動です。しかし、回数を重ねるごとに成長を実感できるのがこの活動の大きな魅力の一つです。今年度最後の発表が終わった生徒はものすごくホッとした様子で、その表情からは達成感が溢れていました。来年度もパフォーマンステストが続くので、さらなる成長が楽しみです。

(発表の様子)

発表を観ている生徒は一人一台持っているタブレット端末からGoogle Formを使って「発表の評価」と「活動の振り返り」をおこないます。


【1学年】国際出前講座②

2021/02/22

2月18日(木)に国際科1学年の30名は「異文化理解」の授業の一環で、国際出前講座を実施しました。2度目の実施となった今回は、富山県国際課の国際交流委員であるマチュ・グラセ氏をお招きし「フランス文化」について授業をしていただきました。

生徒たちはフランス出身のグラセ氏から、写真やジェスチャーを用いながら英語で「食事」「地理」「文化の違い」について学びました。ユーモア溢れる授業内容に生徒はいつも以上に授業を楽しんでいるようでした。今後も定期的にこの出前講座を開催していく予定です。

 

【生徒からの感想】

・フランスについて知らなかった事がたくさんあって勉強になった。

・グラセさんが話している英語を大体聞き取れることができて嬉しかった。

・フランスの魅力を沢山感じました。

・外国語の勉強の仕方を教えていただいてよかった。


【1学年】地域課題学習 学年発表会

2021/02/03

2月2日(火)に1学年普通科と国際科合同で地域課題学習の学年発表会が行われました。地域課題学習とは啓明の時間(総合的な探究の時間)の中で2学期からおこなっている班別の探究学習です。1週間前に各クラスで全ての班による発表会を行った上で、選ばれた各クラスの代表班が、全体の前で調査した成果を発表しました。

今年度は新型コロナウィルスの影響で、校外での取材は実施せず、電話による取材やインターネット、校内でのアンケートなどによる調査が中心となりました。

そのような中でも、生徒たちは自分たちの住む地域がさらに魅力的な場所になるよう、地域の抱える様々な課題に対しての解決策をこれからの未来を創る若者ならではの視点で提案していました。密を避けるため、第一体育館での開催となりましたが、寒さに負けない素晴らしい発表会となりました。

【各クラスの発表テーマ】

11H 小矢部市の経済

12H 人口を増やすには

13H 南砺市をテレビで特集させるには

14H 後世に伝わる大門そうめん

15H 砺波市と外国人

【成績】

最優秀賞 14H

優秀賞 13H


【1学年】授業風景(FUNフレーズを作ってみよう!)

2021/01/21

国際科では、教員自作の英会話教材「FUNフレーズ動画」を週に3回生徒に向けて配信しています。このFUNフレーズというのはFukuno Useful Nativeフレーズの略称で、生徒は英会話ですぐに使える表現を毎回1フレーズ、年間で100フレーズ言えることを目標に動画を視聴しています。

普段はフレーズと会話文は教員側で作成していますが、今回は「総合英語」の授業内で国際科の生徒が自らフレーズを選び、それに合わせた会話文を作成しました。生徒はペアで協力しながら、生き生きとした表情でユニークな会話文を作ろうと奮闘していました。生徒が作成した会話文は後日動画として生徒に向け配信する予定です。

【生徒の作品より】

(フレーズ)Can I have a bite?「一口ちょうだい。」

(会話文)

A:Hey!

B:What’s wrong?

A:This hamburger is very delicious.

B:Oh! It makes me hungry. Can I have a bite?

A:No, we can’t do that because of corona virus.

B:Sorry, you’re right.


【1学年】公開授業

2020/12/22

国際科ではコロナ禍において、一人一台のタブレット端末を使用した新たな授業スタイルを模索しております。11月18日(水)には、中学・高校の先生方をお招きして、「総合英語」の公開授業を実施しました。「ICTを活用した非対面ディベートで英語力を高める」ことをテーマに3人ずつの10チームに分かれ、ミニディベートを行いました。(10チームなので5つの対戦となる)

生徒は担当の土田教諭の指導の下、タブレット端末を使い、Google Jamboard (電子ホワイトボード機能を持つクラウドアプリ)などを活用して、3密を避けた中で、協力しながら意見や反論を英語で作り、別のチームとタブレット上で意見を戦わせました。

今後も国際科としてさらなる授業実践に取り組んでいきます。


【1学年】国際出前講座

2020/12/22

 国際科1年の生徒30名は「異文化理解」の授業の一環で、南砺市国際交流委員のエリック・ジュテイラ氏をお招きし、「日本とアメリカの文化の違い」について授業をしていただきました。

 講座はほとんど英語で実施され、生徒は講師の話に真剣に耳を傾け、日本とアメリカの「食事」「学校」「価値観」などの違いについて学びました。授業が終わってからも、自ら質問をしてさらに学びを深めようとする生徒も見られ、大変貴重な学びの機会となりました。

 


平成29年度入学生(1年生)の活動7

2017/06/23

6月21日(水) 性に関する講演会について
 総合的な学習の時間に、「女性クリニックWe! TOYAMA 産婦人科医師 種部 恭子先生」を講師に招き、性に関する講演会を聞きました。
 種部先生に、青少年の妊娠したときの行動や性病の危険性と対処方法、デートDVなど、わかりやすく、またユーモラスに説明してもらいました。
 話を聞いた生徒からは、「自分のことは自分で守らないといけないので、しっかり断る、防ぐ、何かあったらすぐ相談することを大切にしたい。」「10代の妊娠は大変なことや不安なことも多いため、誰かに相談することが必要であることがわかった。」「感染症をしっかりと予防して、感染症にかからないようにすることが重要だとわかった。」など、多くの感想が寄せられました。