‘2015年12月’ の記事

帰りの飛行機は予定どおり。農業環境科も無事帰国。

2015/12/18

 農業環境科の海外研修旅行は最終日。
 午前4時起床、5時にホテル出発というスケジュールは、生徒の皆さんにとってこの研修旅行中、最も厳しいものでしたが、「ランチボックス」という弁当を食べながらバスで向かいました。親切にしていただいた現地のガイドさんとも台北の空港でお別れしました。
 台湾からは、出発時と違いほぼ予定どおりに飛行機は離陸。少し早めに富山空港に到着しました。
 学校での解団式では下保遥菜さんが「日本と台湾の歴史や文化の違いがよくわかった。」と挨拶。沖田晃大さんが「いろいろ気を配っていただいたおかげで、また海外へ行きたい。」と添乗員さんに感想を述べて解散しました。
 少しお小遣いが余った生徒は、空港の銀行で両替をしていました。

DSC_0193

DSC_0194


農業環境科は台湾を満喫し帰国へ。福祉科は無事帰県。

2015/12/18

  農業環境科の海外研修旅行は4日目。朝、花と青果の市場を視察しました。色とりどりの花や野菜に興味津々で、スターフルーツを買いみんなで食べました。
 小籠包作りにもチャレンジしましたが、小籠包は旅行中ほぼ毎日食べているためか、食べ飽きた、という感想も出ていました。龍山や九份など台湾らしい観光地で時間を過ごしました。最終日は朝4時起床で帰国の途につきます。

DSC_0174

DSC_0205

 福祉科30名は、18時頃はくたか567号で新高岡駅へ全員元気に戻ってきました。


台湾の大学生と交流(25H)、レジャー施設を福祉の視点で(26H)

2015/12/17

 農業環境科の海外研修旅行も3日目。天気は曇りでしたが「ブラザー&シスタープログラム」で台湾の女子大学生4人の案内で台北市内を観光しました。
 忠烈祠での衛兵交代のセレモニーには男子は感動していましたが、故宮博物院では大変な混雑で困惑していました。士林夜市は異国情緒を満喫していたようです。
DSC_0163

 福祉科は2日目。学校では必需品のチョークを作る、日本理化学工業では障害者雇用について理解を深め、千葉県浦安市にあるテーマパークでは、普段とは違う視点に目を向けながらの研修で、充実した1日を終えました。ディズニーアカデミー2 20151216


農業環境科は台湾の学校と交流 福祉科は関東へ出発

2015/12/16

 研修旅行2日目の農業環境科2年生。台北市立松山高級農工職業学校を訪問しました。
交流会では、下保遥菜さんの伴奏による田中萌さんのサクソフォーン演奏やクラス全員での合唱、農場での育種実験を行い、生徒同士がプレゼント交換するなど充実した時を過ごしました。

DSC_0136

 福祉科30名も新高岡駅から関東方面に出発しました。
 福祉関連施設や企業の見学など3日間の予定で、初日は日本社会事業大学を見学し、その後リバースプロジェクトの龜石(かめいし)代表と村松理事のご講演を聴き、福祉科が行っている地域での活動にも助言をいただきました。

20151215出発式


2年農業環境科生徒が台湾へ

2015/12/14

 2年農業環境科生徒30名は12月14日、海外研修旅行に出発しました。18日まで台湾を訪れ、現地の高校生や大学生と交流し、農場関連施設の訪問、観光などを行います。
 学校で行われた出発式では、代表として池澤恭輔さんが「歴史や文化及び生活習慣、農業事情の異なる台湾を訪れ、近隣諸国に対する理解を深めたり、国際人としての資質と感覚を養ってきたい」と決意を述べました。
 飛行機は1時間以上遅れて富山空港を離陸し、16時34分(日本時間17時34分)に桃園国際空港に到着しました。

DSC_0176

DSC_0178