全員無事に日程を終える(2年農業環境科海外研修旅行=4,5日目)

4日目(13日)。

午前は、台北で一番大きい花卉と青果の卸売り市場を見学しました。南国の花市場はコチョウランが多く扱われ、切り花、ドライフラワーなども販売されていました。また青果市場では福光の干柿が日本から輸入されているほか、日本ではあまり見られないドラゴンフルーツ、そして夏野菜のトマトやナス、パプリカなども並んでいました。

色合いの濃い花々が並ぶ花卉市場

日本のものが意外と多い青果市場

午後は台湾の大学で日本語を学んでいる学生と西門町(若者の町)を中心にショッピングなどをして楽しみました。生徒は今日もみんな元気で楽しそうにしていました。

最終日(14日)。現地時間の朝4時に起床、5時にホテル出発というスケジュールが生徒には一番大変で、中には睡眠時間が短い者もいました。担任の滝川先生がなんとか起こし空港へ。このこととは関係はないのですが、飛行機は約40分ほど遅れて富山に12:23着陸しました。

学校に戻り解団式。クラスを代表して森田紗生さんが三津島教頭先生を前に「台湾の高校生や大学生と交流できたことが特に良かった。」とあいさつし日程を終えました。

貴重な機会を与えてくださった家族や周りの方々にも、旅の思い出をぜひ話してほしいと思っています。