‘2学年’ カテゴリーの記事

大学生と一日台北を堪能(2年農業環境科海外研修旅行)

2017/12/14

3日目(13日)。

今日はハクサイの展示品で有名な故宮博物院、一糸乱れぬ衛兵の交代式が見られる忠烈祠を訪れ、午後は「B&Sプログラム」による台北市内の見学を行いました。

クラスを4つの班に分け、地元の大学生の案内で台北市内を散策するというもの。台北の穴場的な場所や食べ物、お土産など、普通の観光では見られない交流体験でした。

また、夜は毎日やっている露店の士林夜市へ行きました。

 

一日動き回った生徒は、心地よい疲れでこの日を終えました。

 


松山高級農工職業学校との交流の一日(2年農業環境科海外研修旅行)

2017/12/12

台湾料理を食べて一泊した農業環境科の2年生。2日目(12日)は学校交流に向かいました。

 

本校から学校へは、来年の干支(えと)である、犬の井波木彫りの人形を、生徒たちはそれぞれ簡単なプレゼントを用意し、生徒たちと交換していました。昼ご飯を食べ、ほぼ一日学校にいた生徒たちでした。
日本からたくさんの高校生を受け入れておられる学校ですが、毎年温かい歓迎を受けありがたく感じています。
あいにくの雨ですが、中正紀念堂や総統府、龍山寺をまわり、夕食を取りホテルに向かう予定です。


全員元気に出発(2年農業環境科海外研修旅行)

2017/12/11

2年農業環境科の海外研修旅行は4泊5日の日程で、11日(月)台湾へ向けて出発いたしました。

 

本校正面玄関で行われた出発式で今堀校長が「何よりも無事に旅行を終えることが大切」と激励。生徒を代表して橋本剛さんが「文化の違いや学校交流を楽しんできたい。」とあいさつしました。

続いて谷崎章文さんが添乗される旅行業者さんや付添の教員らに「よろしくお願いします。」と言い、バスで富山空港へ向かいました。

 

 

風や雨が心配される天候の中、中華航空の航空機は定刻より早い12:45に富山空港に出発、日本時間の16:39に台北桃園国際空港に到着いたしました。

この後一行は、現地でバスに乗り換え、101階立ての台北101で夕暮れの市内の夜景を見た後、夕食を取りホテルに入る予定です。

 


海外研修旅行 3日目の様子

2016/12/15

3日目は、どんよりとした天気の中でしたが、「どんな願い事も叶う」という龍山寺、衛兵の交代式で有名な中正紀念堂、手先の器用さが問われる小籠包づくりの体験、「台湾の東大」といわれる台湾大学農学部の見学、九斗農場の見学を行いました。
生徒たちは、台湾の歴史についてガイドの方の説明を熱心に聞いていました。
また、台湾大学では、終戦後も台湾に残り、米など農作物の改良に尽力した磯 栄吉について学ぶことができました。
4日目は、青果市場やパイナップルケーキの製造工場、そして「千と千尋の神隠し」のモデルになった街といわれる九ふんを訪れます。

 

IMG_0239IMG_0241


農業環境科海外研修旅行の様子

2016/12/14

2年農業環境科生徒30名は12月12日、海外研修旅行に出発しました。16日まで台湾を訪れ、現地の高校生や大学生と交流し、農場関連施設の訪問、観光などを行います。
学校で行われた出発式では、代表として西元涼太さんが「歴史や文化及び生活習慣、農業事情の異なる台湾を訪れ、近隣諸国に対する理解を深めたり、国際人としての資質と感覚を養ってきたい」と決意を述べました。飛行機は定刻に富山空港を出発しました。

研修旅行2日目。今年国立台北科技大学付属となった、桃園農工高級中等学校を訪問しました。
交流会では、日本の昔からの遊びとして「コマ回し」と「だるまさんがころんだ」を紹介し、英語でコミュニケーションしながら一緒にマスコットを作りました。
恥ずかしがっていた生徒もすぐ仲良くなり、学校を離れるときには別れを惜しんでいるようでした。

DSC_0396IMG_0235